棋士のニックネームいろいろ(2)

昨日の詰碁の神様で思い出したんだけど「神様」の名をもらったのは杉内雅男さん。
なんでも古碁についての詳しさでは右に出るものがいないほどだとか。
戦後の一時期に集中的に古碁を研究していきなり強くなったっていう話。

じゃあ木谷門下のニックネームでも書こうかな。
まずは筆頭格の大竹英雄さんは「大竹美学」
愚形とかコリ形を嫌ってきれいな石の形をしてるらしい。
でも坂田栄男さんは
「大竹美学は確かに美しい。でも勝負にはどろどろしたことも必要」
なんて同い年の林海峰さんに比べて出遅れたことをいってたけど
最終的には「いい」って認めてる。

あ。脱線するけどここで名前が出てきたことだし林さんのニックネームを。
彼は「二枚腰」。
形勢が悪くても粘りに粘って逆転まで持ち込む特徴を言ったもの。

ここで話を戻してと。

「殺し屋」で有名なのは加藤正夫さん。
でも加藤さん本人曰く
「形勢が悪くなった相手が弱い石に手を入れるのを省いた結果死ぬだけ」とのこと。
本人が殺しに言ってるんじゃなくて結果として相手の意思が死ぬらしい。

「コンピューター」は石田芳夫さん。
名づけの親は呉清源さんらしい。
何でも石田さんのヨセが正確なことについてたずねられたとき
「石田さんコンピューターだから」って答えたのが広まったらしい。

「宇宙流」はご存知武宮正樹さん。
これも本人にはあまり意識がないらしく、
「いい手をうとうとすると自然にああなるんですよ。だから私の棋風は自然流です」

「七番勝負の鬼」は趙治勲さん。
挑戦者として七番勝負に出て負けたのは一回だけ(対依田名人)。
3大タイトルだけで30回くらい(正確な数は知らない^^;)勝ってる!

そういえば小林光一さんってニックネームあったっけ?
一時期敵なしだったのを考えるとあってもよさそうなんだけど。
地下鉄っていうのは武宮さんが揶揄しただけだからニックネームとはいえないし・・・

おっと!もうこんなに書いちゃった。
またあとで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆっきん

Author:ゆっきん
一応ここは囲碁ブログのつもり

ついに囲碁入門を書いてみました。
興味のある方はこちらへ(javaが必要です)⇒ゆっきんの簡単!囲碁入門

囲碁の勉強法と考え方書いてます

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
カテゴリー
ブログランキング
リンク
RSSフィード
スポンサードリンク