隅の打ち方「目はずし」編

今回は一番好きな「目はずし」

まだ級だったころからよく打ってた。
そのころは辺にも隅にも地を作れる自在さが好きだったな。
いまは勢力はる定石ばっかり打ってるけどね

あと忘れちゃいけないのが目はずしの花形大斜!

大斜定石は好きだなぁ。
大斜百変とか千変とか言われるくらい変化が多いけど、そこが面白い

ハメ手っていわれてる手もよく打ってるよ(≧▽≦)b
ハメ手破りされてもそんなに悪くならない方が多いんだよね。
っていうか、悪いっていわれてる形でも局面によっては十分になったりするからね
ハメ手っていうよりも場合の定石っていう感じで使ってる。

あとなにげにすきなのが小目にカカられたときの4間開き。
こんなに開いてるのに打ち込まれても困らないんだよね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆっきん

Author:ゆっきん
一応ここは囲碁ブログのつもり

ついに囲碁入門を書いてみました。
興味のある方はこちらへ(javaが必要です)⇒ゆっきんの簡単!囲碁入門

囲碁の勉強法と考え方書いてます

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
ブログランキング
リンク
RSSフィード
スポンサードリンク