隅の打ち方「高目」編

高目は好きでしょっちゅう使ってる
白黒関係なしに3局に1回は打ってると思う。

でも最初はなかなか打つ勇気がなかったな。
だって完全に隅の地を放棄しちゃってるんだもん。
小目でも三々でもカカられたら一発で隅を相手に取られちゃう。

じゃあなんで高目が好きになったかっていうと、

古碁を並べたから!

古碁は隅の地っていうか、地を囲うっていう概念がないんだよね。
石の働きの結果が地であって、いかに石を働かせるか。
そのことに気がついてから高目によく打つようになったの

で、肝心なのは小目にカカられたときに、三々にツケないこと!

ツケると相手を低位にはできるんだけど、辺に展開した形が好きじゃないんだよね。
まあ完全に個人の好みだけど<( ̄^ ̄)>

やっぱり本命はケイマ掛けだね!
後手でも厚くなって、何より相手を隅に閉じ込める形が好き
封鎖バンザーイ\(^0^)/

あとはハメ手まがいの外ツケ引き。
外側を切ったあと、隅を取る前にアテるのが味噌。
そうすると相手が正しく受ければ定石になるんだけど、そのときの厚みがだーいすき

やっぱり高目に打つからには厚みを築かなくちゃね♪

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆっきん

Author:ゆっきん
一応ここは囲碁ブログのつもり

ついに囲碁入門を書いてみました。
興味のある方はこちらへ(javaが必要です)⇒ゆっきんの簡単!囲碁入門

囲碁の勉強法と考え方書いてます

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
ブログランキング
リンク
RSSフィード
スポンサードリンク