隅の打ち方「三々」編

これは好きでよく使う打ち方。
隅に根拠を持ってるからちょっとやそっとじゃ動じないとこが好き。
肩を突かれると勢力が相手に行っちゃうけど、
他のところで勢力を取り戻せばいいからそんなに気にならないしね

三々といえば坂田栄男さんが有名だけど、
坂田さんも三々に打っても中央がそんなに薄くないってない。
プロの対局だと方を突くより大ゲイマにかかるほうが多いから、
大ゲイマに受けたときに一間トビが模様の接点になることのほうが多いね。

ちなみにタイゼムでもよく使える
高目と目はずしは敬遠されるけど三々は2隅に使っても対局無効処理されない。

武宮さんは
「相手が三々に打ってくれると盤から落っこちそうで勝った気になる」
って言ってるけど、意外と模様の碁でも三々は有効だったりするよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆっきん

Author:ゆっきん
一応ここは囲碁ブログのつもり

ついに囲碁入門を書いてみました。
興味のある方はこちらへ(javaが必要です)⇒ゆっきんの簡単!囲碁入門

囲碁の勉強法と考え方書いてます

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
ブログランキング
リンク
RSSフィード
スポンサードリンク