隅の打ち方「星」編

囲碁でよく始めのほうに打たれるのは隅だから、
ゆっきんの独断と偏見で隅の打ち方に意見をつけてこうと思います。

星はあんまり打たないなぁ。
打つとしたらタイゼムで対局無効処理されないように打つくらいだなぁ。
タイゼムは目はずしとか高目に打つとよく対局無効処理されるから、
それを避けるためだね。

でも囲碁を習い始めたころは最初に教わった布石でもあるからよく打ってた。
そのころは先生に
「星が基本的な隅の打ち方」っていう風に教わったから、よく打ってたな。
でもだんだん小目に打つことが多くなって星から遠ざかってってた

なんか星って中途半端な気がするんだよね。
よくプロの意見だと
「隅を一手で済ませて右にも左にもいける」
みたいなことが書いてあるんだけど、
ゆっきんにとってはどっちつかずで扱いにくいっていうのが星の印象。
「隅を一手で済ませてる」っていうのもわかりづらいなぁ(・ω・)
自分で打つと地にもなってなければ厚みにもならないんだよね。

なんか星が好きな人には悪いけど趣向としても打ちたくない手。
天元とか辺に打つほうがいいな。

っていうのが星に対する意見でした。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

厚み_(囲碁)囲碁に於ける厚みとは碁盤|盤上に於いて影響力を及ぼす碁石|石のことである。「厚み」は「薄み」に対する対義語である。囲碁で「薄い」というのは連絡が十分取れていない形のことであり、相手に分断される可能性を持っている。囲碁では分断されると、相手を取り

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆっきん

Author:ゆっきん
一応ここは囲碁ブログのつもり

ついに囲碁入門を書いてみました。
興味のある方はこちらへ(javaが必要です)⇒ゆっきんの簡単!囲碁入門

囲碁の勉強法と考え方書いてます

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリー
ブログランキング
リンク
RSSフィード
スポンサードリンク