ディフェンスが鍵?

ドラフトされた選手でさえなかなか生き残れない中、
ドラフト外の選手がNBAで生き残るのは至難の業。

そんな中、ドラフト外でリーグ入りして、完全に主力と化した選手。
ラジャ・ベル、ブルース・ボーエン、ベン・ウォレス。

3人に共通するのは、強烈なディフェンス!
ウォレスはリバウンド、ブロックが多くてスタッツだけでもいいけど、
他の二人はスティールもブロックもなし。
スタッツには全然残らないディフェンダー。

これぞ本物のディフェンス!

相手にドリブルさせるスペースも与えないで、簡単にシュートも打たせない。
ボールじゃなくて、人に対するディフェンス。
見ててぞくぞくするやつ!

ファイナルでも、ベンはシャックをマンツーだけで抑えてたし、
ボーエンはレブロンを完全につぶしてた。

ベンはほんとにすごいな。
あの頃のシャックなんて、ダブルチームされても30点取ってたくらい。
なのに、ベンは一人で(キャンベル控え)30点取らせなかったんだし、
10cmも背が低いのに、リバウンドで圧倒。

そういえば、飛行禁止区域とかいう言葉もあったなあ。

ドラフト組だと、
キッド、KG、コービー、ダンカンが現役だとディフェンス最強かな?
このクラスと遜色ないディフェンス力。

ただ残念なのは攻撃力。
ベンとボーエンは・・・
ボーエンはいちおう3Pあるからまだましだけど、ベンは・・・

オフェンス力皆無!

気持ちいいくらいダンク以外が入らなかったね^^;
レイアップすら入る気がしない^^;(さすがに入るけど)

ベルは二人と比べるとだいぶいい。
でも最初は酷かった。まず打てなかった。

ドラフト外から地位を確立した3人。
身についていたのは本物のディフェンス力。
これこそが生き残る道。
これからも、この3人みたいな選手は出てくるかな?
スポンサーサイト
プロフィール

ゆっきん

Author:ゆっきん
一応ここは囲碁ブログのつもり

ついに囲碁入門を書いてみました。
興味のある方はこちらへ(javaが必要です)⇒ゆっきんの簡単!囲碁入門

囲碁の勉強法と考え方書いてます

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
ブログランキング
リンク
RSSフィード
スポンサードリンク