ボーエンのディフェンスをもう一度

今月号のDUNKSHOOTのロールプレイヤーのコーナー。
ブルース・ボーエン。

この人のディフェンスこそ本物だったな。
スティールもブロックも平均1にも満たない最高のディフェンダー。
キッドとかコービーは最高のディフェンスにスティールがついてるけど、
それはやっぱりおまけ?

ってことで。
NBAはスティールとブロックがディフェンスの基準になってるけど、
それは違うな。

相手の動きと、パスコースと、ハンドリングと、シュートを打つスペース
これを封じるのが本物のディフェンス!

っていうのが僕の考え方。(あくまで個人的な好み)
だから今のディフェンスは見てて全然楽しくないお。
もともとNBAに魅かれたのが、コービーとキッドの密着ディフェンスだったからなあ。
相手の動きを完全に封じて、全く機能しなくさせてたのに撃たれた

他の選手がどうにも出来ないような選手を完封してたからなあ。

その系譜のディフェンス特化型がボーエンだった。
オフェンスはコーナーの3Pラインに立ってるだけ。
ボーエンにオフェンス能力ないのわかってるから、相手チームはマークしない。
フリーで立ってる。そこにパス。
で、その受けたボールを打つことだけがオフェンスだった。

FTなんて悲惨だから、ハック・ア・ボーエン喰らうことも・・・

でも、そんなオフェンスのなさを補って余りあるほどのディフェンダー。
07年のファイナルはレブロンのFG%を35.5%にしてたっけ。
それ以外でも、マッチアップ相手のFG%が40%に届いてないんだよね。
(そんなデータをポポビッチが提示してたことがあった)

唯一の天敵がコービーだった。
仕方ないんだろうけど、ボーエンのディフェンスが、
ちょうどいいプレッシャーになってるかのごとく決めまくってたっけ。
ボーエンはコービー封じるのに研究しまくってたけど、結局攻略できなかった・・・

今の選手はボーエンと比べるとざるしかいないな。
現在優秀なディフェンダーっていわれてる選手も、ボーエンと比べたらざる。
めっきり衰えたコービーの方がずっとディフェンスいいよね。
オリンピックでナバーロ完封してたくらいだし。
他だとトニー・アレンくらいしかナバーロ完封なんて出来ないだろうな。

ディフェンスもどきはもういいから、
ボーエンみたいな本物の密着ディフェンスをもう一回みたいな。
スポンサーサイト
プロフィール

ゆっきん

Author:ゆっきん
一応ここは囲碁ブログのつもり

ついに囲碁入門を書いてみました。
興味のある方はこちらへ(javaが必要です)⇒ゆっきんの簡単!囲碁入門

囲碁の勉強法と考え方書いてます

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリー
ブログランキング
リンク
RSSフィード
スポンサードリンク