確かに打ち掛け多いよね

本因坊秀哉。
いわずと知れた最後の本因坊。
別名「不敗の名人」

でも、なんかすごく評判悪いよね。
打掛が多い。
打掛ばかりじゃ白番のほうが有利になる。

あとのほうはよくわからない理論だけど、
(呉清源さんとコミなしの向こう先番とか、打ち掛けたところで勝てるもんじゃないけどね)
前のやつは、確かに多いね。

雁金準一(おお!一発変換)さんとの院社対抗戦。
呉さんとの三々、星、天元。

この辺りがやけに叩きの対象になってるね。
ただ考えて欲しいことがあるんだ。
「秀哉だって段が低いときは白番が何回も打ち掛ける中で勝ってきたってこと」
秀栄は「打ち掛けは碁にあらず」って考え方だったけど、
他の棋士は長く考える人が結構いた。

あと、秀哉は先番の効力は7目前後って言ってたから、
白番で勝つには8目くらいないと追い越せないってことになる。
(実際今コミが6目半と7目半だから、秀哉がいってたのとほとんど同じ)
プロのそれも超一流クラス相手にこれだけリードするのは相当難しいと思うんだけどなあ。
何回も打ち掛けたところでそうそうできることじゃないんじゃないかな?

でも打ち掛けはほんとに多いね。
当時の新聞社はほんとに困ったんだろうな。
そこは確かに早く勝負つけて欲しいと思う。
でも、名人で勝たなきゃいけないプレッシャーもあったんだろうな。

今の日本の棋士はすぐプレッシャーに負けて有利な碁を落とすことを考えると、
絶対勝たなきゃいけない中、白番で実際勝つなら、打掛が多いのも仕方ないんじゃないかと・・・

もちろん多いと間が抜ける、この意見には賛成。
でも名人になって手合いを避けた丈和を賞賛して、
名人になっても何局も若手と手合いをして、勝たなきゃいけない碁に勝った秀哉を叩くのは
なんかなあって思った。

スポンサーサイト
プロフィール

ゆっきん

Author:ゆっきん
一応ここは囲碁ブログのつもり

ついに囲碁入門を書いてみました。
興味のある方はこちらへ(javaが必要です)⇒ゆっきんの簡単!囲碁入門

囲碁の勉強法と考え方書いてます

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリー
ブログランキング
リンク
RSSフィード
スポンサードリンク