韓国がうらやましい

またしても初段でベスト4まで進出した棋士が出現!
16才。

そして、新人戦で13歳の初段が決勝まで進出!

いやー。次々出てくるね。
やっぱり、指導員がいいんだろうな。

なんといっても劉昌赫さんだもんね。
権甲竜さんが土台を作って、次々強力な若手を輩出したし。
とにかく、次の世代を育てる環境はうらやましいよう。

中国も次の世代をどんどん育てて、十代の強力な若手がどんどん出てきてるしね。

日本は・・・
木谷実さんを最後に次の世代を育てるっていうのが無い気が・・・する。
現代囲碁大系によると、中部支部は島村俊廣さんが
「内弟子をとって、育てたい。」
って言って、環境を整える半ばで脳出血で倒れて夢を叶えられなかったんだよね。

もっと昔だと、久保松勝喜代さんとか、瀬越憲作さんとか、秀哉とかいっぱい育ててた人いるんだけどね。
秀哉なんか、院生の指導員をすすんで引き受けて、何局も打ったんだよね。
秀哉名人の頃は影響受けまくって、みんなものすごい力碁だった気がする。
特に直系の藤沢庫之助さん、宮下秀洋さん、増渕辰子さんなんかは剛腕で有名。

今はトップを経験した人なんか、院生師範にもなってないっていう・・・
だれだれ門下っていう言葉まず聞かないし、
そもそも、弟子を取ってるかも怪しいし。

ああ、結局日本囲碁界の愚痴になってしまったonz

とりあえず、秀哉がしたみたいに、どんどん若手を育てて欲しいと切に願うのであります。
ああ秀哉大好き。
スポンサーサイト
プロフィール

ゆっきん

Author:ゆっきん
一応ここは囲碁ブログのつもり

ついに囲碁入門を書いてみました。
興味のある方はこちらへ(javaが必要です)⇒ゆっきんの簡単!囲碁入門

囲碁の勉強法と考え方書いてます

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
ブログランキング
リンク
RSSフィード
スポンサードリンク