国立国会図書館から

丈和の棋譜が手に入った。
って言ったけど、どこからかっていうと・・・

国会図書館の近代デジタルアーカイブ!

国技観光が2種類あったよ。
石立ての部はいいとして、打ち碁集の部分全部プリントして結構な数の棋譜が手に入ったのだ!
インク代と紙代合わせて600円から700円くらい?
で手に入ったから古書店で買うよりずっと安かった。(4000円が一番安かった)

ただ、これは江戸時代のやつのままなんだろうね。
ものすごい間違えてる。
いわゆる棋譜の訂正ってやつをやらないと、並べられなひ・・・

佳致精局もそうだったけど、棋譜の訂正も楽しみの一つとして並べてます^^v

もともと行きつけの古書店で買って持ってた、丈和全集の第3巻と合わせて、
150局はいってるから、丈和の棋譜の半分くらい持ってることになったよ。

他にもいろいろプリントできるようになってればいいんだけど、
他には3冊くらいしか棋譜集はなかったな。
対手百談がデジタルアーカイブ化されたら速攻プリントだー!
スポンサーサイト
プロフィール

ゆっきん

Author:ゆっきん
一応ここは囲碁ブログのつもり

ついに囲碁入門を書いてみました。
興味のある方はこちらへ(javaが必要です)⇒ゆっきんの簡単!囲碁入門

囲碁の勉強法と考え方書いてます

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリー
ブログランキング
リンク
RSSフィード
スポンサードリンク