丈和はやっぱり力だけじゃないよね

もう何年も前
「丈和は単なる力っていうよりも、大局観がすごい」
みたいなことを書いたことがあった・・・

また気移りして秀栄半分終わったから国技観光
っていうか、対立徹戦と対四宮米蔵を並べ中。

丈和はやっぱり力だけじゃないと改めて思った。
力でいえば幻庵とか秀哉のほうが力碁っていう感じがする。
この二人はまさしく力だけでねじ伏せるタイプ。
見てくれよりも力。
力こそすべて!

でも丈和は、やわらかい所もあるなって感じる。
元丈にもある、全体的になんとなく厚い感じ。
戦うフィールドを整えて攻撃するっていう感じ。

幻庵、秀哉は部分の読みで突破する感じ。

でもやっぱり何故か丈和よりも元丈とか幻庵とか秀哉のほうが好き。
どうしてもマイナーなほうへいくのはどうなってるんだろうね(?-?)
スポンサーサイト
プロフィール

ゆっきん

Author:ゆっきん
一応ここは囲碁ブログのつもり

ついに囲碁入門を書いてみました。
興味のある方はこちらへ(javaが必要です)⇒ゆっきんの簡単!囲碁入門

囲碁の勉強法と考え方書いてます

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
カテゴリー
ブログランキング
リンク
RSSフィード
スポンサードリンク