やっぱり持ち時間なんだろうね

昨日の朝日新聞。

LG杯日本全滅。

負け方もいつものパターン。

中盤の難しい読みでつまづいて逆転負け。


ううむ・・・


でも、張さんが
「日本のトップと中韓のトップは差はないと思います」
って言ってたし、
井山君は直前古力さん李世ドルさんに連勝。
アジア競技会では山下さん張さんが中韓連勝。

やっぱり持ち時間が影響してるのかなぁ。
日本のトップは8時間。
短くて5時間。
国際棋戦は基本的に3時間以下。

趙治勲さんもこの差が大きい。
なんなら「別の競技」っていうくらいって言ってるし。
昔だと高川さんが、橋本宇太郎さんとの本因坊の挑戦手合いのとき
「13時間欲しかったけど11時間になった。この譲歩はつらかった」
って話してるし。

日本の感覚で打ってるとあっという間に秒読み・・・

対して向こうの棋士は持ち時間が短いのになれてるし、
布石を徹底的に研究してるから着手が早いんだよね。
中盤にも時間が残ってる。

日本の棋士は時間がない。
向こうの棋士は時間が残ってる。

となると発想の転換。

秒読みに強くなる!

これはどう?
瞬発力は年とともに落ちるから、ベテランになると秒読みに弱くなる。
っていう説もあるけど、いるじゃない!
そう!あの大棋士!

木谷実!

持ち時間がなくなってからの一分碁で勝ってしまう!
50代になっても一分碁でタイトルを獲ってる。
しかもその頃は、高血圧の影響で昔ほど集中力を注ぎ込んでない!
(適度にリラックスしてるから調子がよかったっていう説もあるけど)

今の日本の棋士はあそこまで秒読みに強い人っていないよね。
徹底的に秒読みを鍛えるって言うのはどうなんだろうね。
坂田さん藤沢朋斎さんも秒読みに入ってからも異常に強い人。
この二人も40歳超えても秒読みに強かったし、
まだ日本のトップも30代だから鍛えれば秒読みに強く慣れたりしないかなぁ。
スポンサーサイト
プロフィール

ゆっきん

Author:ゆっきん
一応ここは囲碁ブログのつもり

ついに囲碁入門を書いてみました。
興味のある方はこちらへ(javaが必要です)⇒ゆっきんの簡単!囲碁入門

囲碁の勉強法と考え方書いてます

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリー
ブログランキング
リンク
RSSフィード
スポンサードリンク