坂田栄男さんも亡くなった

もうずいぶん前になっちゃったけど、坂田栄男さんも亡くなっちゃったね。
橋本昌二さん、藤沢秀行さん、梶原武雄さんていう名棋士が次々亡くなるのはさびしいな。

坂田さんといえば記録がすごいことになってたから、改めて。

公式戦の年間成績30勝2敗。
公式手合い29連勝。
七番勝負の連勝記録が本因坊戦で17連勝。
は今でも日本囲碁界最高記録。

連勝はイ・チャンホさんが41連勝っていうのをやって、
「ブレーキの壊れた戦車」なんていわれたんだっけ。
でもあの頃はソ・ボンス、チョ・フニョン、ユ・チャンヒョク、イ・チャンホの四天王時代だったから、
他の棋士との手合いは比較的楽だったかもね。

更新されたのだとタイトル獲得数64。
趙治勲さんが記録更新中だけど、坂田さんが若いころはタイトル戦は本因坊だけだったし。
年間七冠王を達成した年も、タイトルは全部で8棋戦だったから、
タイトル戦が多い今との比較は難しいかもね。

今はタイトルが多い代わりに、タイトルを争う棋士も多い
っていわれたりするけど、島村俊廣さん、橋本宇太郎さん、藤沢秀行さんが年齢で衰えるまで
タイトル争いから引き摺り下ろせなかったことを考えると、
全盛期の坂田さんが今いたらやっぱり猛烈に勝ちまくりそうな気がする。
坂田さん自身
「大正世代のほうが昭和世代より強い」って発言してたらしいし。

二人の全盛期に対戦したことがある高川さんによる呉清源と坂田栄男の比較も。
うろ烏鷺話での全盛期の比較は、

どっちにも勝てなかったけど、
呉さんには後年追いついたっていう感じはしたけど、
坂田さんにはまったく適わないまま終わった

とのこと。

呉、坂田でも坂田、呉でもどっちでも納得できるくらい坂田さんの全盛期はすごかったって。

今はイ・セドルさんがかなりの強さを見せてるから、坂田さんと対戦したら面白そうだよね。
誰もしのげないセドルさんの攻めを坂田さんがどうしのぐのか。
もしくは誰もが攻め切れなかった坂田さんのシノギをどう攻めるのか。

時は移ろい行くものだけど、やっぱり人が亡くなるのはさびしい。
スポンサーサイト
プロフィール

ゆっきん

Author:ゆっきん
一応ここは囲碁ブログのつもり

ついに囲碁入門を書いてみました。
興味のある方はこちらへ(javaが必要です)⇒ゆっきんの簡単!囲碁入門

囲碁の勉強法と考え方書いてます

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリー
ブログランキング
リンク
RSSフィード
スポンサードリンク