ついに初タイトル!

坂井秀至さんがついに碁聖獲得!

坂井さんがプロになる決意をしたときは28歳だったよね。
そのときは、関西棋院のプロと3局打って、段を決めるってことだったね。
もうプロになるのは決まってたっていうね^^

で期待通りの3連勝!

飛びつき五段。

タイトル獲得者で一番遅い入段。
というわけで昔。
遅い入段といえばこの人。

阪口仙得

22歳で初段。
すごく遅いよね。
でも囲碁(天保)四傑に名前があああ!
しかも太田雄蔵には向こう先先先で打ってた。

そして広瀬平次郎さん。
なんと入段27歳。
坂井さんとおんなじくらい。
方円社の社長になったし、あの時代七段まで進んでる。
そして門下にはあの加藤信さん。

二人とも、かなり遅い入段だけど、最終的には歴史に名前を残すくらい
強くなって、重鎮みたいになったよね。

坂井さんに戻って・・・と

坂井さんがプロに転向したとき、最低リーグ入りすると思ってたな。
プロになった理由が
「アマチュアでいる限り、強い相手と打つ機会があまりない。
 プロになれば強い相手と本当の勝負が出来る」
だったし。

アマチュアには敵がいない
って感じだったね。
アマチュアの最高峰といえば菊池康郎さん。
トッププロに定先くらいだったから、リーグ入りするぐらいの力はあったはず。
それとおんなじくらいってことは、やっぱりリーグ入りはするよね。

医師の国家資格をしながらそれだけ強かったんだから、
プロになって勉強する時間が増えたら、タイトルとってもおかくない!
藤沢秀行さんも、このくらいは当然くらいに思っただろうな。

最後に洪さんにも期待^^
世界アマの優勝者だから坂井さんとおんなじ。
世界アマの優勝を引っさげてプロになった棋士が大活躍したら面白いなぁ。
スポンサーサイト
プロフィール

ゆっきん

Author:ゆっきん
一応ここは囲碁ブログのつもり

ついに囲碁入門を書いてみました。
興味のある方はこちらへ(javaが必要です)⇒ゆっきんの簡単!囲碁入門

囲碁の勉強法と考え方書いてます

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
カテゴリー
ブログランキング
リンク
RSSフィード
スポンサードリンク