レブロンの移籍は・・・

まさか25歳で、リーグトップクラスの選手が、
「早く優勝したい」っていうだけであっさりチームを出て行くなんて・・・

もともとレブロンは好きじゃなかったけど、
今回のヒートへの移籍は結構ショック。
「優勝を求めて移籍するのは当然だ」
みたいなことをいう人もいるけど、美学がないよね。

囲碁で言えば、幻庵みたいに、
「なんとしても秀和の先を破る」
っていう意気込んでるけど、盤の上に繰り広げられるのは
いかにも幻庵らしい趣向の連続。
勝つためだけの碁を毛嫌いするかのような打ち方は、負けはしたけど、
幻庵がすばらしい打ち手だったっていうことは、これから数百年経っても
色あせることはないだろうな。

NBAの場合、フランチャイズビルダーがこの美学に当たると思うんだよね。
現役だとガーネット☆
確かにガーネットはセルティックスに移籍したよ。

でもガーネットの場合、
フランチャイズ自体選手に人気がないミネソタで、
フロントの不正でドラフト権が何年も剥奪されてて、
サポーティングメンバーもいまいちそろえてもらえなくて、
それでもチームのためにひざの怪我を押してまでも、10シーズン以上チームに忠誠を尽くしてた。
だからセルティックスで優勝したときは、レイカーズが負けたのは残念だったけど
ガーネットファンとしては嬉しかった。

だけど今回のレブロンの移籍は、ただ早く優勝したいだけで、
クリーブランドのファンを裏切って出て行ったからね。
移籍するのが当然みたいな態度で、チームに何の誠意も見せないでさ。

今年のプレーオフもいきなり勝負あきらめて、ガーネットみたいな気持ちがないんだよね。

もうフランチャイズプレイヤーっていうのが古い考えなのかな?
でもレジーとかストックトンみたいに、
この選手で駄目なら優勝をあきらめるしかない、
ってチームメイトもフロントもファンもこの選手となら心中出来る
って思える選手を見たい。

ダンカンとかコービーみたいに優勝出来れば最高だけど、
優勝できなくっても、自分をドラフトしてくれたチームに選手生命を捧げる
っていう選手が見たい。
現実にレジーもストックトンも優勝は出来なくても、
優勝チームのスターターよりも敬意を払われてると思うし。

ただ優勝したいからチームとファンを裏切って出て行った・・・
もうレブロンは永久にコービー、ダンカンクラスの評価はもらえないよね。
まだ10シーズン以上キャリアを続けられそうな選手が
こんなに安易にこんな決断をしたのは本当にショック。

ドアマットを強豪にして、
チャレンジャーとして今ならセルティックス、レイカーズみたいな強豪チームに挑む。
それで優勝できたらいくらレブロンが好きじゃないって言っても、祝福するし、尊敬するし、
例え優勝できなくっても、振り返ったときに、
「改めて考えると、弱小チームの代名詞だったチームを優勝が狙えるところまで変えたんだな」
って思いたかった。





スポンサーサイト
プロフィール

ゆっきん

Author:ゆっきん
一応ここは囲碁ブログのつもり

ついに囲碁入門を書いてみました。
興味のある方はこちらへ(javaが必要です)⇒ゆっきんの簡単!囲碁入門

囲碁の勉強法と考え方書いてます

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
ブログランキング
リンク
RSSフィード
スポンサードリンク