現代の知得流?

知得全集も第4巻!
知得の碁を並べてたらある現代棋士が頭に浮かんだよ。

それは!

イ・チャンホさん!

知得は地に辛い
みたいにいわれるけど、意外と厚い碁なんだよね。
元丈がそれ以上に厚い碁だから地に辛く見えるのかな?
でも、現代の日本の棋士より厚いと思うんだけどなぁ。
そしてヨセの碁。

チャンホさんも
「地が多くて厚い」
なんていわれたり、ヨセの碁っていうのも似てるよね。

あと、知得もチャンホさんも、盤の中央の感覚が面白いよね。
悠然と構えるっていう感じで・・・ね。
戦いにならないけど、無言のプレッシャーをかけてるような。

そしてあんまり激しく戦わない。

知得の時代は、智策、丈和、幻庵っていうあたりが若いころ打ってるけど、
「戦わなきゃ碁じゃない」
みたいな打ち方をする3人だけど、知得と打つと、そんなに戦いに引きずり込めてないよね。

チャンホさんも、中村道碩の時代みたいにどんどん戦う現代(の韓国と中国)のなかで、
意外と石が接触しないっていうのかな?
そんなに激しい戦いにならないよね。

知得に似た棋風っていえば島村俊廣さんが一番に名前が挙がると思うけど、
イ・チャンホさんも似てるような気がする。
スポンサーサイト
プロフィール

ゆっきん

Author:ゆっきん
一応ここは囲碁ブログのつもり

ついに囲碁入門を書いてみました。
興味のある方はこちらへ(javaが必要です)⇒ゆっきんの簡単!囲碁入門

囲碁の勉強法と考え方書いてます

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
カテゴリー
ブログランキング
リンク
RSSフィード
スポンサードリンク