何気に春策

図書館を利用しやすくなって、さっそく安井知得全集に取り掛かったよ。
改めて並べてみて大発見!(なんちゃって)

何局も載ってる春策。
すごい中央思考の碁だったのだ!

とにかく石が上に上にっていう棋風だね。
そう7世安井仙知のように!!!
本因坊元丈のように!!!

なんか古碁に詳しくないプロは
「江戸時代は地に辛くて、まだ中央の大きさを理解できてない」
っていろんな本に、しかも複数のプロが書いてるけど、
恥ずかしくないの?

とりあえず知得全集からだけでも、
服部因徹、春策、水谷琢順、もちろん元丈、仙角仙知
ぱっと思い浮かんだだけでもこれだけいるよ。

まあそんなことはいいとして、ぐんぐん石が上に来て地に甘い。
でも!
まだ知得が若いころはそんなに打ち込まれてないし、
井上家の当主になったぐらいだから、最終的には地がついてくるね。

何気に好きな碁打ちがまた一人増えた^^
スポンサーサイト
プロフィール

ゆっきん

Author:ゆっきん
一応ここは囲碁ブログのつもり

ついに囲碁入門を書いてみました。
興味のある方はこちらへ(javaが必要です)⇒ゆっきんの簡単!囲碁入門

囲碁の勉強法と考え方書いてます

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
カテゴリー
ブログランキング
リンク
RSSフィード
スポンサードリンク