なんか勝てる気がしない

ネット碁じゃないよ、今の日本のプロが中村道碩にって意味ね。
僕が打つわけじゃないからわかんないけど、
古碁を研究してる人と国際棋戦の負け方から推察するに・・・ね。

今のプロは昔の碁あんまり調べてないよね。
解説読むと古碁にでてくる定石とか、数百年前の新手とか全然知識がない。

古碁を無視してるから、当然中村道碩なんて調べたことすらないんだろうな。
丈和も道碩の棋譜全部覚えて強くなったっていわれてるのに・・・
そして林元美も大絶賛!
江戸時代は道碩の碁の評価かなり高かったぽいよね。

それが今じゃ、
「アマチュアの強い人くらい」とかいっちゃうプロがいるんだからね。
ビックリだね^^

っていうわけで、現代のプロが言うには、
「布石と定石と考え方が今は進歩してるから今のプロは負けない」
っていう感じ。

じゃあ! なんで国際棋戦で負けまくってるの?

いつものパターンでやられるよね。
いつも国際棋戦で負けたときは
「中盤頃は優勢だった、でも逆転された」

こ・・・これは!
今の日本がいかに中盤&ヨセがまずいかを如実にあらわしてるではないかぁぁぁ!

道碩の戦いの力は、今でいうとイ・セドルさんくらいじゃないと
互角に戦えないんじゃないかな?
っていうくらいすごいらしいよ。
少なくとも日本には渡り合える棋士はいない模様。

で、セドルさんの10代の頃はいつもおんなじ布石だったよね。
特に白持ったら必ず2連星。
黒もミニ中国流。
あんまり布石にちから入れてないんじゃないかな?
っていつも思ってた。

でセドルさんの勝ちパターンは、中盤以降の猛攻。
ほんとすごいよね☆

このセドルさんを道碩に置き換えてみる。
持ち時間(2時間もあれば余ると思うけど)とコミ
に慣れてもらうため一週間くらいとって、そして日本の棋士と勝負!
布石ではいいだろうね。
でもセドルさん並(以上?)の猛攻で一気に追いつかれて、ヨセで華麗に抜き去られるだろうな。

そもそも、豪腕で有名な加藤正夫、丈和、幻庵、大平修三、木谷実
っていう人たちよりも力が強い可能性があるから、

布石のリードなんて中盤でなくなる

って考えるのが普通じゃないかな。
ヨセはいうまでもなく
「今のプロじゃ、持ち時間に制限がなくても古碁レベルのヨセは打てない」
ってことで。

せめて調べてから「アマチュアレベル」とか言ってほしい。
って言っても調べたらアマチュアレベルなんて言葉出てこないんだろうけど・・・

スポンサーサイト
プロフィール

ゆっきん

Author:ゆっきん
一応ここは囲碁ブログのつもり

ついに囲碁入門を書いてみました。
興味のある方はこちらへ(javaが必要です)⇒ゆっきんの簡単!囲碁入門

囲碁の勉強法と考え方書いてます

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリー
ブログランキング
リンク
RSSフィード
スポンサードリンク