徐奉洙さんて何気にすごいよね

韓国の囲碁界といえば、第一人者になった棋士は
趙南哲さんも、金寅さんも、薫鉉さんも日本で勉強して強くなって韓国に戻ってる。

でも!

徐さんは韓国で囲碁を勉強して世界大会で優勝するまでになってる!

こういう言い方はおかしいけど、「当時の韓国はさんしかいなかった」でしょ。
研究するにも相手がいないし、韓国の棋士は徐さんからすると弱いし。

秋山さんがいうには、趙治勲さんとかさんは日本がかかわってるから人気ないんだって。
だからいくらさんが活躍しても、徐さんのほうが人気があったらしいね。

で、徐さんが何がすごいかって(もう言ってるけど^^;)
まだ弱かった韓国で日本に武者修行もしないであれだけ強くなってるってこと。

さんが韓国に戻った頃はまだ、日本のトップに韓国のトップクラスが二子くらいだったんだよね。
トップに二子っていうことは、(当時の)日本のアマチュアのトップレベル。
さん以外の棋士は日本のアマチュアトップレベルな中、
応氏杯でも優勝しちゃうくらいに強くなった!

関山仙太夫とか村上文祥さんをアマチュアと呼ぶなら、
専門棋士の徐さんではあるけれど、久保松勝嬉代さんに倣って、
偉大なる素人みたいなが愛称あってもいいような・・・
本人はそんなこといわれてもぜんぜん嬉しくないだろうけど、
当時の韓国であそこまで強くなるのはすごいよね。

真露杯だったかSBS杯だったかは忘れちゃったけど、9連勝も記録してるんだよね。
一人で韓国を優勝に導く・・・みたいな^^

中国からは呉清源さんが飛び出したから、韓国でも飛び出しても・・・
って思うけど、中国は数億人だけど、韓国は数千万人が総人口だから、
ざっと計算して韓国からは0.1人しか出てこないってことになるよね。
その0.1人を徐さんが現実のものにした!
っていう感じ。

日本に来たいとか思ってないかなぁ。
韓国で、今でも若手に全然勝てないっていうわけじゃないから、
日本に来たら面白そう^^v

っていうか徐さんがいってる姿を見てみたい。
スポンサーサイト
プロフィール

ゆっきん

Author:ゆっきん
一応ここは囲碁ブログのつもり

ついに囲碁入門を書いてみました。
興味のある方はこちらへ(javaが必要です)⇒ゆっきんの簡単!囲碁入門

囲碁の勉強法と考え方書いてます

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
カテゴリー
ブログランキング
リンク
RSSフィード
スポンサードリンク