やっと決めないようになってきた

プロとアマの置き碁を見て、
「アマは強制手が多い」
って思ってから、とみかく決めないことを意識して打ってたら、
ようやく決めることの損を知ることが出来たよ☆

今までめちゃくちゃ無駄に決めまくってたんだな。

っていうことで、一応まとめ。
当て、ノゾキ、出、押し、突き出しはむやみに打たないこと。
利きは必要になるまでとっておくこと。

っていう意識で打ってたらなんか筋がよくなった気がする^^v

「利きは必要になるまでとっておく」
っていうのは、劫材にとっておくっていうふうに今まで思ってたけど、
攻めたときとかシノぐときとか、狙いとして残しておくとかなり役に立つね。

自分的には攻めに回ることが多いから、攻めの場合を言うと、
攻めたときに見合いが出来て、片方打たれても、反対側で手になる
っていうことが多いな。

後は捨石に意識を集中して、見損じが減ればさらに勝率アップだ!
スポンサーサイト
プロフィール

ゆっきん

Author:ゆっきん
一応ここは囲碁ブログのつもり

ついに囲碁入門を書いてみました。
興味のある方はこちらへ(javaが必要です)⇒ゆっきんの簡単!囲碁入門

囲碁の勉強法と考え方書いてます

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
カテゴリー
ブログランキング
リンク
RSSフィード
スポンサードリンク