アマチュアの究極型!?

藤沢朋斎さんて、ある意味アマチュアの究極の姿じゃない?

朋斎さんて、相手の石を追いかけたり、あんまり石を捨てたがらないよね。
しかも相手が大きく広げてくると、ドカンて殴りこみに行くし。

朋斎さんが一流なわけは「読みがすごいから」っていうのはわかってるよ。
あの読みはアマチュアなんかじゃ真似できないからね。
でも、特に「石を攻めることで得を図ろう」じゃなくって、「直接石を取りかけにいく」
あの強引さは他のプロは誰もやらないよね。

加藤正夫さんが「昔は活きてる石も追いかけた」
なんてこと言ってたけど、タイトルを取り始めたころは、
「殺し屋」から「ヨセの加藤」に変わってたんだよね。

絶対に取れない石を追いかけて行く。
これぞロマン!?

プロらしくない棋風で一流だった朋斎さん。
ちなみに朋斎さんは藤沢秀行さんの甥。
おじさん(秀行さん)のほうが甥(朋斎さん)より年下っていう関係。
2人とも個性が強い碁だったね。

スポンサーサイト
プロフィール

ゆっきん

Author:ゆっきん
一応ここは囲碁ブログのつもり

ついに囲碁入門を書いてみました。
興味のある方はこちらへ(javaが必要です)⇒ゆっきんの簡単!囲碁入門

囲碁の勉強法と考え方書いてます

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
ブログランキング
リンク
RSSフィード
スポンサードリンク