ラジオ聴いたよん♪

今週の日曜日だったかな?
TBSラジオのところに、
「米国出身九段棋士」
って書いてあったから、忘れずにその夜チェッーク!

その文字見てすぐピンと来るよね。
だってそう!
マイケル・レドモンドさんしかいないじゃない!

もうMDに録って永久保存版になってるよね^^

ただ残念なことがひとつ!
先週もレドモンドさんがゲストだったんだって
嗚呼、聴きたかった・・・

たしか一回7大タイトルの4つの挑戦者決定トーナメントのどれかで
準決勝まで進んだことあったよね。
あの時は本気でレドモンドさん挑戦してほしかった・・・

そして今はリーグ入りして欲すい。
500勝もおめでとう!
だけど、やっぱりリーグ入りはファンとしても大きい目標だね。
BSでよく解説やってるから、ファンになったよね。

院生のときの沖縄からやってきた少年が、
序盤はレドモンドさんがリードしてたものの、中盤以降いきなり強くなって初手合いは負けた
っていうのが今回のラジオで印象強いよ。

そしてこれは今の世界戦の日本じゃない!?
そういえばセドルさんは20歳くらいの頃、
黒を持ったらミニ中国流、白持ったら二連星&黒がかかってきたら小ゲイマ受け
ってほぼ完全に決まってたけど、
中盤以降独特のセドルワールドでねじ伏せまくってたね!

やっぱり囲碁は中盤以降が勝負なんだね(`・ω・´)

チョ・フニョンさんは韓国に戻ったとき、
韓国の棋士は力碁が多かったけど布石が甘いから勝てた
見たいなこと言ってたし、芮廼偉さんも
日本で序盤から打ちやすい碁にする技術を勉強したから国手が取れた
見たいなこと言ってて、

そんなに布石って重要なのかぁ

って思ったけど、この2人は読みも強いから活躍してたんだね。
誰と誰の碁だったか忘れちゃったけど、日本の棋士が中盤までのリードで楽勝なはずの碁が、
最終的に半目か1目半まで追い上げられた碁があって、
なんかの囲碁誌で

「この碁が勝負になるのはおかしい」

っていわれてた。
というわけで読みとヨセが大事だね。
読みの訓練、まあ詰碁なんだけど、やるとやっぱり2,3日爆睡しちゃうってわけで出来ませぬ。
ああ詰碁をやりたい。

ってわけで(どんなわけか不明)
レドモンドさんのラジオ出演で囲碁に興味を持ってくれた人がいたらいいなぁ。

囲碁はアジアのものって感じだけど、こんなに強いアメリカ人もいるのだ!
韓国にもロシア人の棋士がいて、王立誠さんに勝ったことあったね。
欧米人のプロが活躍して、向こうでも囲碁がはやればいいな。


スポンサーサイト
プロフィール

ゆっきん

Author:ゆっきん
一応ここは囲碁ブログのつもり

ついに囲碁入門を書いてみました。
興味のある方はこちらへ(javaが必要です)⇒ゆっきんの簡単!囲碁入門

囲碁の勉強法と考え方書いてます

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
カテゴリー
ブログランキング
リンク
RSSフィード
スポンサードリンク