珍しいパターン!?

そういえば宋泰坤さんて最近めっきりだね。
10代のときはすごい活躍してたのに・・・

囲碁の世界は若いうちから強い人は、そのあとも強いことが多いのにね。
世界戦決勝まで行ってたりしたのにどうしたんだろう?

若いうちから大活躍してた人
趙治勲さん、イ・チャンホさん、イ・セドルさん、木谷実さん、呉清源さん、武宮正樹さんetc.
大体の人が長い間活躍してるのに、
今でいう陳耀君くらいの凄さだったのに韓国の国内戦でも活躍聞かなくなっちゃったなぁ。

そういえば崔哲瀚さんも一時期ほどじゃなくなったなぁ。
最近じゃ1回しか世界戦で優勝してないし、
トーナメントで上位に来ることもなくなっちゃってる。

こういうパターンをさかのぼって考えてもほとんど思いつかないな。
石田芳夫さんくらいしかいないんじゃないかな?
本因坊5連覇して名誉本因坊(現24世本因坊)の資格もらったり、
本因坊名人にもなったりしたのに、本因坊失った辺りから一気に下ってった。

宋さん、崔さんはまだ若いから今後の復活に期待!
って思いたいけど、一回下がってあがってきたっていうのは、木谷さんの例があるけど、
木谷さんの場合棋風を変えてトンネルに入ったから、この二人とは状況が違う気がする。
この2人はやっぱり石田さんのあとをたどるような気がするな。

スポーツの世界だと、あんまり早い時期に凄い活躍すると、
燃え尽き症候群になっちゃって20代半ばにしてもう完全に下り坂っていうのがよくあるけど、
囲碁の世界で燃え尽き症候群ていうのは聞いたことないしなぁ。
大竹さんみたいに、
「後は若い人に任せた」
なんていう歳でもなさ過ぎるしね。

こういうスランプってどうして起こるのかな?
確かにあの頃と比べたら世界の層は厚くなってるけど、
イ・チャンホさんがそうなように、世界戦のベスト4の常連ぐらいではあっていいはずなんだけど、
ベスト8にも残らなくなるなんて・・・
スポンサーサイト
プロフィール

ゆっきん

Author:ゆっきん
一応ここは囲碁ブログのつもり

ついに囲碁入門を書いてみました。
興味のある方はこちらへ(javaが必要です)⇒ゆっきんの簡単!囲碁入門

囲碁の勉強法と考え方書いてます

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カテゴリー
ブログランキング
リンク
RSSフィード
スポンサードリンク