四隅取られて碁を打つな!?

碁を知ってる人なら一度は聴いたことがありそうな格言

「四隅取られて碁を打つな」

というわけで、坂田栄男全集を並べてるときからずっと、四隅取ったらどうなるかを調べたよ。
具体的に数えてたわけじゃないけど、四隅取った側の勝率は
ほぼ五分五分だった。

あれから何百局並べたかわかんないけど、
とりあえずセキが出てくる確率よりは、四隅取る碁ができるほうが確率は高かった。
それで、必ずしも辛い棋風の人が四隅取るわけでもなかった。

プロの間では
「四隅を取ってるようじゃ碁に遅れる」
っていうのが一般論らしくて、隅をとりに行くわけじゃなくて、

成り行き上終わってみたら四隅取ってた

って感じだった。

いくら地に辛い現代碁でも、やっぱり厚みは無言の圧力をかけてくるんだろうね。

有名な格言だけど、前に書いた「ポン抜き30目」よりは信憑性が低いことは確かっぽいよ。

スポンサーサイト
プロフィール

ゆっきん

Author:ゆっきん
一応ここは囲碁ブログのつもり

ついに囲碁入門を書いてみました。
興味のある方はこちらへ(javaが必要です)⇒ゆっきんの簡単!囲碁入門

囲碁の勉強法と考え方書いてます

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
ブログランキング
リンク
RSSフィード
スポンサードリンク