囲碁史上最強は誰だ!談義(おしまいに)

囲碁史上最強っていうことで、道知ってことにしたけど、一番有力なのはやっぱり道策なんだよね。

何でかっていうと、やっぱり道策を研究してるプロは知る限りみんな道策を推してるから!
小林光一さんは秀策を結構推してるみたいだけど、今もう一回研究したらどうなるのかな?

あとは他にも道策が江戸時代おっきい存在だったっていうのに、
幻庵が「古来道策の碁、中略、相手のミスで勝った碁が多い」
っていう風に道策の名前を持ってきてるのがある。

でも、道知も「本気で打ったらどれだけ強いかわからない」
っていわれてるだけにやっぱり捨てがたい(-公-)

とりあえず道知は、安井仙角相手にも、白番で適当に打って2,3目負け。
って感じだから、本気で打ったら二子くらいは行くんじゃないかなぁ。
道策が知哲を二子に打ち込んでるし、春知も二子でこなしてる。
大平さんが言うには安井家で4番目っていう仙角をかるくあしらってるから、
やっぱり道知も道策並の実力はあったんだと思う。

で、ほんとに今より昔が強いってことがあるのか?っていうと。
木谷門下が猛威をふるってたころのお話。

最強説に名前が出てこない橋本宇太郎さんと島村俊廣さん
この2人が鍵

宇太郎さんが一線から落ちた(リーグ陥落、以降復帰できず)のはどう考えても年齢のせい。
なんていっても75歳だったからね!
体力的に一局打つだけでも結構大変だったらしい。
島村さんは脳出血でリーグ陥落。
昭和57年のこと。

だから明治ををいつまでもリーグから引きずり落とせなかった
って感じがする(・ω・)

本当に現代(昭和世代)が昔(明治世代)よりも強ければ、
小林、趙、武宮、加藤、石田、大竹、林、で残りを坂田、両藤沢で占めればいいけど、
そうはいってない!

宇太郎さんより強い(高川さん発)呉、坂田がいるんだから、
今が昔に勝ってるってことはいえないよね。

まとまらなくなっちゃったから続きはまた今度
スポンサーサイト
プロフィール

ゆっきん

Author:ゆっきん
一応ここは囲碁ブログのつもり

ついに囲碁入門を書いてみました。
興味のある方はこちらへ(javaが必要です)⇒ゆっきんの簡単!囲碁入門

囲碁の勉強法と考え方書いてます

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
ブログランキング
リンク
RSSフィード
スポンサードリンク