やっぱり秀策はあわないみたい

伊藤松和ってほとんど対秀策しか並べてなかったんだけど、
天保四傑で一番つまらないのは阪口仙得
っていう一般評に反して僕的には天保四傑で一番魅力がないなって思ってたんだけど、
佳致精局並べてみたらなんと!

軽妙でおもしろーいよ(゚∀゚)

こんなに面白い碁だったとわ!
今まで損してた^^;
天保四傑四人とも大好きだ^^

そこで思ったのは
どうも秀策は古碁に珍しく僕に合わないんだろうな
ってこと。

前に合う棋士合わない棋士って記事書いたことあるけど、
大正以前の棋士で合わないかもっていう棋士は秀策しかいない。
秀策全集の太田雄蔵も井上秀徹も対秀和戦と比べて、何回も並べたいっていう気持ちが起きない。

たぶん実利に辛すぎるからと、遊びがないからだろうな。
高川さんは「秀策は厚み派だ」みたいなこといってたけど、
古碁に詳しい福井さんは「秀策は辛い」っていってるからやっぱり辛いんだろうね。

現代の碁(高川さんのころ含む)と比べると厚い気はするけど、
江戸時代では特に辛いと思う。

秀和とか知得なんかも辛い代表みたいに言われるけど、
秀和は遊びがあるし、知得は意外に厚い。

でも、見方を変えると、なんで秀策が現代で人気があるのかがわかるかも。

今の碁は地に辛くて、勝つために一直線!
武宮さんが小林光一さんの碁を
「他の事を(景色)見ないで、勝つこと(終点)しか見えてない地下鉄みたいな碁」
って揶揄したことがあったけど、これが今の碁の特徴だよね。

そして、大正世代以降は
「とにかく実利に辛い」っていわれてる。

この二つを併せ持った昔の棋士は!
そう!

秀策

今の棋士の性格にぴったり合致してる唯一?の昔話の世界の棋士、
それが秀策。

勝つための無駄を省いたのが今人気ってことか。
どうりで今の碁が合わないわけだね(´・ω・`)

でも、今世界のトップの一人はチャンホさん☆
最近は世界戦の優勝があんまりないけど、韓国のランキングは2位だし、
世界戦決勝まで行ってるし。
別に昔スタイルが弱いわけじゃない!

いつかはまた昔のようになることを祈って(-人-)
スポンサーサイト
プロフィール

ゆっきん

Author:ゆっきん
一応ここは囲碁ブログのつもり

ついに囲碁入門を書いてみました。
興味のある方はこちらへ(javaが必要です)⇒ゆっきんの簡単!囲碁入門

囲碁の勉強法と考え方書いてます

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリー
ブログランキング
リンク
RSSフィード
スポンサードリンク