昔の棋士を呼ぶとしたら

2008年はドラえもんの世界でタイムマシーンが開発される年っていうことで、
タイムマシーンに乗って昔の棋士を呼ぶとしたら!

誰がいいかな♪誰がいいかな♪

江戸時代だったら7世仙知なんかいいかも^^
当時の強豪を片っ端から打ち込んじゃって敵がいなかったから、
今の時代に来て思いっきり打ってほしい。

なにげに過小評価の一人だと思うし。
元丈、知得を若かったとはいえ、向こう先盤でこなしてるんだから弱いはずがないのに、
なんか丈和、元丈、知得辺りよりかなり格下に扱われてる気がする。

あとは察元と道知もおんなじ理由で呼んでみたいかな。

あとやっぱり古碁好きはこの人を呼びたいだろうね。
道策
道策は秀和と一緒で、どう打っても勝てる風に打ってるのに道策をどうにかできた人がいない。

現代に来たらどうなるのかなぁ?
たぶんほとんどの棋士が定先以下に打ち込まれるんじゃないかな?
道策研究してるプロの意見みてるとそんな気がする。

あとは道節、橋本宇太郎さん、藤沢秀行さん(存命)を60代の時で呼んでみたい。
還暦過ぎて第一線で活躍する棋士ってすごくカッコイイ(・∀・)
でも実際活躍してる姿を見たことがないから、ぜひ見てみたい!
島村俊廣さんもいいな。

特に橋本宇太郎さん。
60過ぎてからも大きいタイトルいくつも取って、
75歳くらいまでリーグ入り(当時は棋聖戦のリーグはなかった)してまさに第一線の活躍!
かっこよすぎる

文筆家もいいね。
林元美はプロ棋士の中で一番の文筆家だからいろんな文章を書いてほしい。

安永一さんも面白そう。
プロの手合いを解説者なしで書いちゃうのはこの人くらいしかいない^^
実質安永さんの著書「新布石法」は囲碁の本で一番のベストセラーだし。

でもなんといっても安藤如意さんでしょう。
江戸時代までの囲碁史をまとめた坐隠談叢。
この本こそ囲碁史に残る重要資料。

もしかしたらもれてる部分があるかもしれないから、そういう部分を聞けたら面白そう。
当事者を呼んで聞くのが一番確かだけど、今は誰を呼ぶかだから、安藤さん。

理論上はタイムマシーンできそうなんだけどなぁ。
ピラミッドとか古代の電池とか未来人が作ったものだったりしないかな。


スポンサーサイト
プロフィール

ゆっきん

Author:ゆっきん
一応ここは囲碁ブログのつもり

ついに囲碁入門を書いてみました。
興味のある方はこちらへ(javaが必要です)⇒ゆっきんの簡単!囲碁入門

囲碁の勉強法と考え方書いてます

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリー
ブログランキング
リンク
RSSフィード
スポンサードリンク