弟子の棋風って

碁神道策もそろそろ終わり。
ついに五弟子の最後の一人熊谷本碩登場。

ここまで並べて思ったんだけど、道策の五弟子の内道節以外の4人の棋風似てる気がする。
道節は掛け値なしの力碁だけど、残りの4人て結構厚みで打つ感じがするなぁ。

師匠の道策は昔としては結構地に辛い印象だったけど、
小川道的、佐山策元、本碩は今でいう「本格的な碁」っていう印象。
星合八碩は結構奔放な碁を打ってると思うけど、
地には辛くないし力に頼ってる感じもしないから、やっぱり3人と似た碁な印象。

策元は35手くらいまでの1局しか載ってないけど、他の本で見つけた碁を並べた印象。

そういえば道知も完全に厚みで押す碁、師匠みたいに辛くない。

師匠と弟子の棋風が違うといえば元丈と智策、丈和。
元丈は位高くじっくりな碁なのに、この2人は後世にも名高い力碁。
丈和はいうまでもないかな?智策もかなり激しい碁を打つんだよね。
ちょっと前のセドルさんといい勝負なくらい。

師匠と弟子はあんまり棋風が似ない
っていわれるけど、弟子同士は結構似るもの?

そういえば、鈴木為次郎さんの弟子同士と、瀬越さんの弟子同士も似てる気がする。
前者は求道派、後者は奔放。

後でもっと調べてみようかな。
スポンサーサイト
プロフィール

ゆっきん

Author:ゆっきん
一応ここは囲碁ブログのつもり

ついに囲碁入門を書いてみました。
興味のある方はこちらへ(javaが必要です)⇒ゆっきんの簡単!囲碁入門

囲碁の勉強法と考え方書いてます

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリー
ブログランキング
リンク
RSSフィード
スポンサードリンク