誰?道策以外は手割り知らないなんて言ったの

道策が手割りを開発した

っていうのは道策について書いてある本によくあるけど、これ違うんじゃないかなって思うのね。
算砂の碁にも、道碩の碁にも手割りの感覚はあったんじゃない?っていう手がでてくる。

藤沢秀行さんは
「道策の時代は道策だけが手割りを理解してた。だからあれだけ勝てた」
みたいなこと言ってるけど、道策対知哲を全部並べたら違う感想になると思う。
知哲も手割りを理解してるとしか思えないような打ち方してることがあるんだけど、どうかな?

あと対仙角戦を並べると、手割り理論を理解してるとしか思えない劫争いを展開してる。
このころはもう道策晩年だから、道策の碁を研究して手割りを理解した
っていう見方もできるかもしれないけど、とりあえず今のアマチュア高段の域は完全に超えてると思う。

安井家の人を過小評価するわけじゃないけど、ライバルの家元同士の交流がなかったこの時代、
(四家が積極的に交流を始めたのは察元の功績)
ここまで見事にできるかなぁ・・・できるか^^;

でも仙角戦は、仙角が手割りで損な手を白が打ったから、それで手を打って劫をやめる
みたいな打ち方してるから、道策以外は手割りを理解してなかったっていう言い方はちょっとなぁ。

話は戻って、算砂は三劫になったって伝えられる碁で黒を凝らせる手を打ってる。
道碩も一手かけさせるための捨石みたいな手を打ってる碁があったはず。

とりあえず算悦、算知、道悦は、手割りを理論としてはわからないけど、
感覚としては絶対に理解してたはず!

碁神道策はやけに対局者を道策も含めて褒めちぎってる感じ^^もあるけど、
解説読んでる限り対局相手って言われるほど弱くないと思うよ。

道策が勝ってるのは手割りよりも単に碁が強かっただけだと思ふ。
スポンサーサイト
プロフィール

ゆっきん

Author:ゆっきん
一応ここは囲碁ブログのつもり

ついに囲碁入門を書いてみました。
興味のある方はこちらへ(javaが必要です)⇒ゆっきんの簡単!囲碁入門

囲碁の勉強法と考え方書いてます

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
カテゴリー
ブログランキング
リンク
RSSフィード
スポンサードリンク