道策VS知哲地帯終了

50局くらいあったのかな?
ついに道策対知哲が終わって友碩が出現!

これだけおんなじ組み合わせが続いてたのに飽きなかったのは、
それだけ道策の碁は変化に富んでて似た碁がないっていうことかな。
毎局違う碁を打つって秀和に似てる^^

で、知哲の碁をこれだけ並べて思ったことが
知哲って結構強くない?
今までほとんどのプロが「知哲の碁は並べる価値がない」みたいなこと書いてたんだけど、
読みは相当すごい気がするんだけどなぁ。

確かに布石は今のアマチュアでもリードできる人は少なくないくらいだとは思うよ。
でも、中盤以降のあの読みはアマチュアじゃちょっと歯が立たないと思う。
っていうことで、全体的には菊池康郎さんくらいの強さはあるんじゃないかな?って予想してみる^^

菊池さんて下手にリーグ入りしちゃった棋士よりも強い気がするのは僕だけ?
1,2期リーグはいっただけの棋士とだったら互い先で打てるよね。
っていうわけで、知哲もリーグ数期在籍クラスと予想。
天保四傑はリーグ常連クラスの実力はあるって言うことだから、
六段の知哲はそれくらいでもおかしくないよね。

抜けてる棋譜が結構あるみたいだから、知哲は道策の気楽な練習相手だったのかな?
ほんとにいろんな手段を見られて、こんなにわくわくしたのはNBA以外だと久しぶりだった

友碩との碁は名局の誉れ高い碁で、
やっぱりあの3段バネは、碁を知ってる人ならみんな驚く手じゃないかな?
両アタリをほっといてそのままハネちゃうんだもんね。
しかも両アタリされることによって厚みを築いて辺を征するっていう。

ほんとに道策の碁面白すぎ。
スポンサーサイト
プロフィール

ゆっきん

Author:ゆっきん
一応ここは囲碁ブログのつもり

ついに囲碁入門を書いてみました。
興味のある方はこちらへ(javaが必要です)⇒ゆっきんの簡単!囲碁入門

囲碁の勉強法と考え方書いてます

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カテゴリー
ブログランキング
リンク
RSSフィード
スポンサードリンク