コービーがプリンスにおさえられたっていうか

レイカーズが3敗目を喫しちゃった。
1勝3敗から巻き返したチームはないんだって。
囲碁の7番勝負ならあるのにね。

1勝3敗からの一番大きい逆転劇は
昇仙峡の戦い
あの逆転劇がなかったら今関西棋院は存在してないんだろうな。

第4戦はコービーが不発だったからここで思い出話。

2004年のNBAファイナル。
レイカーズ対ピストンズで、コービーがFG%4割切って不調だったのを
「プリンスがコービーを完全に抑えた」
って言われることが多いけど、ちょっと違う気がするんだよね。

2ちゃんねるでもおんなじこと感じてる人がいたんだけど、
オフェンスの中心のシャキールが完封されたから
レイカーズのオフェンスがリズムを失って、結果コービーもタイミングで打てなかったから
FG%が低くなった

っていう感じだったなぁ。

他の選手もみんなシュート不調だったから。
まずシャキールにボールを入れて、センターの優位性を生かしてオフェンスを展開する
っていうのがパターンだったのに、そのセンターの優位性がなくなっちゃった感じだった。

もちろんプリンスのディフェンスもすごかったけどね。

あのシリーズはファイナルMVPを選ぶのが難しかったんだよね。
でもプリンスだけはオールスターに選ばれないみたいに、
ファイナルMVPももらえなかったんじゃないかなってね。
ちょっと悲しい。

スポンサーサイト
プロフィール

ゆっきん

Author:ゆっきん
一応ここは囲碁ブログのつもり

ついに囲碁入門を書いてみました。
興味のある方はこちらへ(javaが必要です)⇒ゆっきんの簡単!囲碁入門

囲碁の勉強法と考え方書いてます

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
ブログランキング
リンク
RSSフィード
スポンサードリンク