秀和の不人気には悲しくなる

最近2ちゃんねるに書き込みをしてみてるゆっきんです。

スレ読んだり、書き込みに対するレス読んでて、
秀和の不人気を再確認したよ( ´O`)=3

もう秀策とか秀甫とか秀栄が恨めしくなるほど秀和って人気ないんだね
実力でも知名度でも棋風でも。

これはプロの責任重大だな。
今のプロで秀和を評価してる人はほとんどいないでしょ。

「実力がついてからは並べない」っていうのも問題だなぁ。
先に挙げた3人は良く並べられてるっぽいけど、秀和は院生のときに並べたきりらしいし・・・
杉内さんみたいなトッププロでさえ秀和からはかなり多くのものを学ばされる、
っていうかむしろトッププロくらいの実力がないと秀和は理解できないらしい。

島村さんも雑誌で知得の棋譜を解説するのに改めて並べてみたら、
「こんなにも強かったのか!」って驚いたっていうし、
昔の棋士はもっと並べられるべきだと思うんだよね。

実力が理解できない院生のときには並べられてる(?)らしいけど
その実力を理解できるくらいになってからは並べられないっていうのも原因じゃないかなぁ。

個人的には5本の指に入るくらい好きな棋士だけになんとかもっと人気が出てほしい。
李昌鎬さんあたりが「秀和はすばらしい」っていってくれればうれしいけど、
李さんは秀策派。
弟子たちはすごい人気なのに、師匠も人気あるのになんで秀和だけこんなにも不人気なの?

秀和好きな棋士の人たちにお願い!
もっと秀和を宣伝してください!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

趙治勲先生は

著書「地と模様を超えるもの」や「シノギの真髄」の中で修業時代には秀和を好んで並べていたと書いています。

なるほど

秀和は現代定石の原型を生み出したという点で評価されるべきでしょうね。創造の天才という点で本因坊道策や呉先生と同様評価されるべきなのですが碁自体が高級なので親しみがわきにくいのかもしれません。
趙先生あたりが解説書を書けば人気が出るかもしれませんね。

>お2人へ

お返事遅くですみませんm(_ _)m
睡眠障害でなかなかPCやる時間が確保できなくって(汗

「地と模様を超えるもの」読みましたよ。
そうですね、軽い振り代わりが好きで、修行時代によく並べてたそうですね。

確かに治勲さんなら人気も実力もあるので、解説者にうってつけですね^^

昔から秀和はプロにもアマにも人気がなかったそうで。
全集を途中まで出したもののあまりの売れ行き不振に、
秀甫、丈和を挟んだなんて話もありますし。

秀和全集は高すぎる

それにしても秀和全集が10万円と高いのは何故だったのでしょうか  秀策 全集 も秀哉全集も手頃な値段だったので買ったことがありますが 10万では高すぎます 

お返事遅れまくってすみません。

全集は棋譜の収集と、訂正にかなりの労力と時間がかかってますからね。
もう10年単位で。

秀策も秀哉もかなり前から収集と訂正が行われてるので、
そこに付け足すっていうことで、ある程度労力が省ける分、出版を繰り返すことによって値段が下がるんでしょうけど、
秀和は初めて完全版として出されたわけで(前のは編者が途中で亡くなったため中断された)、
ある程度の値段は仕方がないんじゃないでしょうか?

この全集がある程度売れれば、廉価版も出ると思って気長に待ちます^^
秀和は古碁に導いてくれた大好きな棋士なので。

プロフィール

ゆっきん

Author:ゆっきん
一応ここは囲碁ブログのつもり

ついに囲碁入門を書いてみました。
興味のある方はこちらへ(javaが必要です)⇒ゆっきんの簡単!囲碁入門

囲碁の勉強法と考え方書いてます

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
カテゴリー
ブログランキング
リンク
RSSフィード
スポンサードリンク