9世算知の若いころ

天保四傑の一人安井算知。
彼のまだ若かったころは(俊哲時代)、買う飲む打つ(博打)三拍子そろった道楽者だったそうな。

稽古に行くときに父親の袴を借りては帰りに質に入れてお酒を飲む。
お酒といえば、御城碁の前日に酔いつぶれて、周りをはらはらさせたことも何回もあったらしい。
寝坊して御城碁に遅刻しようものなら改易されるかもしれないっていうのに・・・

そんな自分の息子を8世仙知は何も言わずにやりたい放題やらせてた。

ただ!こと碁に関しては相当厳しくしてた。
俊哲が帰ってきて、今日の碁を並べさせてみっともない負け方をしようものなら、
激しい叱責がとんだとのこと。
個人的には、
例え勝っても、ぬるい手を打ってたりしたら一晩中説教だったんじゃないかな?
って思う。

普段の行動については、元丈みたいにお酒ばっかり飲んでる人を見てるから、
若いうちは許してたんだろうね。
でも自分の跡を継ぐものとして、碁が弱くちゃ話にならない!
だから碁に関してだけは厳しくしてた。

この教育法について俊哲自身いい教育法だと感じてたっぽい。
それはまたあとで
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

算知はいい碁を打ちますね。最近秀和戦を並べてみたのですが感心させられました。もちろん一般に言われているように力が強いのは確かですがそれだけではないようです♪

悪力対策の本に「史上最悪の悪力」なんてことがかかれてました^^;

でも彼って形勢判断でも当時は評判が高かったんですよね。
「算知のハネツギ」なんて言葉もありますし。
算知にハネツガれたらもう負けを覚悟しなきゃいけなかったらしいです。

中盤以降が強いっていうんでしょうね。

プロフィール

ゆっきん

Author:ゆっきん
一応ここは囲碁ブログのつもり

ついに囲碁入門を書いてみました。
興味のある方はこちらへ(javaが必要です)⇒ゆっきんの簡単!囲碁入門

囲碁の勉強法と考え方書いてます

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリー
ブログランキング
リンク
RSSフィード
スポンサードリンク