初段決勝進出について思うこと

韓尚勲初段調べてみたら、もう一個の棋戦でもベスト8まで行ってるんだね。
今はこういう低段者の進出をたたく人材が欠けてるのかなー?

韓国の国内も、中国もすんなり出て来すぎな印象。
韓国はまあフニョンさんがもう年(っていっても50代か)だからチャンホさんしかいないから
まだ許せるとして。
中国は常コウ(漢字が・・・)さん世代がもっとしっかりしないといけないよね。

日本で快進撃をした人っていったら、木谷さんと小岸壮二さんくらいしか思い浮かばない。
あの呉さんでさえ、木谷さんに叩かれてなかなか並べなかったわけだし。

木谷門下三羽烏も石田さんの22歳が最年少。
治勲さんは18歳だったけど、入段もほかの人に比べてかなり早かったから除外。

林海峰さん以降で割りと早めに出てきた人たち、
石田さん、加藤さん、光一さん、セドルさん、チョランさん、古力さん・・・
彼らってそこに安住しちゃってる印象が強い。
昔ならまだまだ上に叩かれてたから、変化の必要があったけど、
今でタイトル取れるからもういいかな
みたいな雰囲気が碁からしてくるんだよね。

韓くんもこれで満足して今以上の進歩がないとなんかさびしいな。
ユン君とイミンちゃん(漢字が・・・)の2人がかなり注目だけど、
この2人もこのまま止まっちゃったら嫌だな。

この前書いた加藤さんの記事にも関連してくるけど、
今勝つために将来を捨てちゃうのは惜しい。
今勝てなくっても(勝っててもだけど)将来もっと勝てる可能性を捨てちゃダメ!

捨てなかった人は知ってる限り2人
武宮さんとチャンホさん。
2人ともしっかり結果を残してる(っていってもチャンホさんまだ若い^^;)

ってことで将来を捨てさせないためにも、若い芽は摘む必要がある!
それを上の人たちにお願いしたいのだ(-人-)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

確かに初段に活躍されるのは問題ですね・・。
まあ韓国の初段は将棋の四段に近いので実力はあるのでしょうが。
中国のシステムだと移動距離が長いので体力勝負の側面があるのが原因のようです。後、日本と違って学校に行く必要がないのも若年化の原因のようです。
中野杯の日中戦を見ると日本の先行きに希望が持てませんね。。

阪口仙得とか広瀬平次郎さんみたいに、入段が遅くても最終的にかなりの打ち手になる人も少なくありませんから
あんまり若さばっかり見なくてもいいと思いますよ。

鈴木為次郎さん瀬越憲作さんも中学校を卒業してからの入段でしたしね。
とはいうものの、棋譜を見る限り有望そうな若手がいないのも事実ですけど。
もっと若手らしく暴れまわる棋風がほしいですね。

日本の入段試験の現在のレベルを考えると今日では入段が遅くて大成するケースは出にくいとおもいますね。韓国の入段試験は厳しいので韓さんのようなケースもあるのでしょうが・・。

実際棋譜をつぶさに調べると中国の若手との間でかなりの差があるのが見て取れます。日本の強い時代を見てきたので現状はまさに隔世の感ですね。
農心杯は今日からみたいですが高尾さんに頑張っていただきたいです。現在18連勝中のイ・チャンホ戦まで勝ち進めるとよいのですが・・・








最近睡眠障害がひどすぎてコメントが遅れがちです^^;

まあ韓くんも特別な感じですからね。

でも、坂井さんの例があるんで、日本でもどうなんでしょうか。

院生のレベルは低く感じます。
この前碁会所で、
元院生で高校に行かないでずっと勉強してたっていう人と打つ機会があったのですが、
自分との差がほとんどないように感じました。

お薬の副作用がなければ互先でも打てそうでした。

農心杯は残念でしたね。
でも、日本は8時間の碁に焦点が当たってますよね。
張さんも去年は名人戦にかけるために日常生活から変えたそうですし。
持ち時間が短い碁なら負けるのも仕方がないような。

プロフィール

ゆっきん

Author:ゆっきん
一応ここは囲碁ブログのつもり

ついに囲碁入門を書いてみました。
興味のある方はこちらへ(javaが必要です)⇒ゆっきんの簡単!囲碁入門

囲碁の勉強法と考え方書いてます

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリー
ブログランキング
リンク
RSSフィード
スポンサードリンク