秀栄派、秀策派、道策派にわかれるらしい

コメントの返信もかねての投稿。
藤沢秀行さんの「勝負と芸」で、強かったと思う昔の碁打ちのランキングをとったら、
トッププロは「秀栄派」「秀策派」「道策派」にわかれるようだ
っていうことが載ってて、秀行さんは秀栄に投票したとのこと。
ちなみに秀行さんが勉強になったのは秀甫の解説だったらしい(関係ないかな?)

確かにプロはこの3人に分かれることが多い感じ。
黒番は秀策、白番は秀栄って言われてたのが影響してるんだと思う。

コメントでは小林光一さんが一番古碁に詳しいってことだったけど、
光一さんは昔は古碁を並べてたけど、そこまで古碁に詳しくはないです。
依田さんも並べたことがあるっていうだけで研究したことはないはず。

本当に古碁に詳しい棋士は引退した人を含めてとりあえず4人しか知らない。
呉清源さん、杉内雅男さん、梶原武雄さん、福井正明さん。
この4人が本当に古碁を詳しく研究したことがある人。
この中で秀栄、秀策を一番強いって言う人は一人もいないのだ!

詳しくは機会があったらまたっていうことで、コメントの答えその2。

21歳の時点じゃあ秀和のほうが秀策よりはっきり強いですよ。
とりあえず太田雄蔵を打ち込むのに17番も使う時点で大して強くない
21歳の秀和なら本気で打てば太田雄蔵を互先から先々先に打ち込むのに4番で足りる。

20歳を少し出たくらいの時点じゃ、秀和は天保四傑クラスなら先二が本当の手合いだろうね。
天保四傑は七段だけど、江戸時代の七段としてはちょっと弱めなんだよね。
秀策はその太田雄蔵相手に苦戦しすぎてる。
あと井上秀徹にも苦戦しすぎ。

?さんのコメントに現代棋士っぽさを感じるんですけど、
現代棋士の碁からはまったく古碁の香りを感じませんね。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

光一先生は道策の碁ならヨセを中心に分析したり、秀策だと稽古碁まで並べて実戦で手筋を拝借したりと古碁には造詣が深いです。ちなみに有名棋士の生年を覚えていて対局年から年齢が分かるようにしているというのは有名ですね。もちろん最近は韓国の最新型研究がメインですが・・。その四人が詳しいのは存じ上げていますが遜色ないほど研究されていたようです。ただ最強は道策とおっしゃっているので確かに秀策派ではないですね。
秀行先生は秀栄と秀甫をよく最強に挙げていたようですが、現代は秀策の時代に劣るとは思わないとも発言されていたので本音は自分が強いと思っているのでしょう。
秀和の21歳>秀策の21歳は正しいと思いますよ。秀和は早熟でしたし。ただ名人がかかった碁で一目負けしたりと勝負師としては微妙ですね。秀策は碁の才では劣るんですがとにかく勝負強い。秀行先生や治勲先生はこの二人はほぼ互角とおっしゃっていますが私は秀策のりです。
現代碁は現代碁のよさがあるので並べるわけですが、コミ碁
とそれ以前の碁では考え方が違うので致し方ないでしょう。中国の碁、韓国の碁それぞれ学ぶものがあると感じています。



NoTitle

小林光一プロは名人時代の頃、道策の碁のヨセの研究をして、中盤後半か、大ヨセあたりで、道策先生の10目ぐらい負けかなと思った語が、逆に10目(それぞれ5目だったかも)程度勝っていて、しかも相手も、おかしな手は打っていないという発言の本を見たことがあります。
現在は布石の研究が進んでいると言われていますが、それだけで勝てるかどうか、といったところで、話はとぎれているので、本心はわかりませんが、道策先生のヨセに関して、関心をもたれてたことは確かだと思います。

NoTitle

小林光一さんが古碁をそこまで詳しくないといったのは、
ここしばらくは現代碁の布石ばかり研究してるっていうことに対してです。
光一さんが道策が好きなのは充分知ってますけど、
最近はほとんど古碁を研究してないっていう風に新聞に書いてあって、
最近はほとんど古碁を調べてないっていうことによってます。

このへん、いまだに古碁を研修している梶原武雄さんとは違うと思ってます。

NoTitle

文意を読み取るというのは、難しいですね。
詳しくフォローしていただきまして、よくわかりました。
引き続き、囲碁の話題が書かれていかれていく事を楽しみに見ています。

プロフィール

ゆっきん

Author:ゆっきん
一応ここは囲碁ブログのつもり

ついに囲碁入門を書いてみました。
興味のある方はこちらへ(javaが必要です)⇒ゆっきんの簡単!囲碁入門

囲碁の勉強法と考え方書いてます

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
ブログランキング
リンク
RSSフィード
スポンサードリンク