もっと若さを爆発させよう!

昔の10代の棋風っていったら
布石とヨセはだめなのに、中盤の戦いだけは強い
だったのに、今の10代の子達は
無駄に(?)布石も研究してて、好んで戦おうとしてないよね(´・ω・`)

藤沢秀行さんが
「戦いを避ける技術は後からでも身につくけど、戦う力は若いころが一番身につく」
っていってた。
木谷道場の初めのころから今まで、若手の面倒を見てきた人のいうことだから説得力ある。

怖いもの知らずは若さの特権だと思うんだけどなぁ。
何で無駄に戦いを避けるのかな?
負けるのが怖いから?
そこを乗り越えちゃうのが若さじゃないのかなぁ?

今10代で若い碁を打ってるのは謝衣旻ちゃんと尹相くんしかいない。
この二人はきっと将来強くなるよ
でもほかの子達はもう頭打ちになっちゃってる感じだなぁ。

若いときに戦わなかったのは高川さんの例があるけど、
いろんな棋譜を見てきた限り若いうちに戦いを避ける子はまず伸びないな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

ひさびさに共感といった感じでしょうか。若き日の丈和・幻庵
戦はすさまじい力碁ですしね。なお高川先生も若かりしころはかなりの力碁だったんですよ。力がないというのは周囲の
錯覚でそこが高川先生が九連覇した最大の原因です。

プロフィール

ゆっきん

Author:ゆっきん
一応ここは囲碁ブログのつもり

ついに囲碁入門を書いてみました。
興味のある方はこちらへ(javaが必要です)⇒ゆっきんの簡単!囲碁入門

囲碁の勉強法と考え方書いてます

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリー
ブログランキング
リンク
RSSフィード
スポンサードリンク